I Love Square 
by Letsgo_M
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
Rikkieさん、ご無沙..
by Letsgo_M at 22:14
どもども、Letsgo_..
by Rikkie at 16:51
auf1028さん、コメ..
by Letsgo_M at 10:46
Rikkieさん、お返事..
by Letsgo_M at 10:43
昨日旭川の某所へ行ったら..
by auf1028 at 22:37
どもども、Letsgo殿..
by Rikkie at 05:48
akinorihiram..
by Letsgo_M at 12:35
呪いぢゃないってば…
by akinorihirama at 19:32
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
忘れへぬ思い
a0123596_6233770.jpg
「平和の代償」
RICOH Caplio GX100 クロアチア・Samobor


フィルムオンラインショップ かわうそ商店を運営しています



クロアチアを発つ朝、Somoborの街を散歩した
手にしたばかりのM3にefkeのフィルムを詰めて・・・

その日は朝から快晴で、山間から斜光線が入り
出来上がりにワクワクしながらシャッターを押して歩いたんだけど
前述の通りお粗末な結果となってしまった
立ち直りは早いほうだけど、良い光だっただけにちょっと引きずってます(汗)


撮影しながらホテル近くの教会で(街のシンボル)
比較的新しい煉瓦壁に、多くの名前と日付、そして年齢と思われるような数字が刻まれていた
これを目にするまで思い出さなかったのだが
クロアチアが旧ユーゴスラビアから分離独立する際
紛争が勃発して多くの国民が命を落としたはず
この壁には、Somoborの犠牲者達の名前が刻んであるのでしょう
日付の殆どは1991〜1992になっていました

美しく平和な街に忘れることのない思い出が詰まっていました
[PR]
by Letsgo_M | 2010-11-19 07:08 | RICOH GX100 | Comments(10)
Commented by Rikkie at 2010-11-19 11:58 x
どもども、Letsgo殿。

あっしの友人は妻の両親に会いに瀋陽に行ったのですが、しっかり「偽満帝国犯罪歴史記念館(?)」に連れて行かれて困ったそうです。
あっしも、扉を開けたら半ダースの朝鮮族がTVで日帝軍が「えいえいおー」と叫んでいるのを見ていてピンチだと思いましたね。酒の席などでも「私の足には憲兵が蹴飛ばした傷があります」と日本語で老紅軍が酒を注いできて困ったのですが、妻にわせると仲良くしたがっているそうなのでにやにや笑うことにしています。
Commented by Letsgo_M at 2010-11-19 20:13
Rikkieさん、中国ではそう言うことがよくあるらしいですね
幸か不幸か自分は経験してませんが

今回のクロアチアは、ほんの20年前
自分がガンガン遊んでいた頃だったので
同じ時期に俺は何をしてたんだろうと
ちょっと、ナーバスになってしまったんですよ
Commented by vest_hell at 2010-11-19 22:19
この旧ユーゴの歴史も為政者によって書き換えられて(捏造・変造されて)いくのでありましょう...
Commented by WeekendOutdoors at 2010-11-20 23:35 x
初めまして。
以前より、ちょこちょことお邪魔しておりました。

クロアチア。
小生も海外出張が多かった2002年6月に1度だけ行ったことがあります。
現地の会社の人が色々と教えてくれました。
あの壁の穴は...とか、ここには...とか。
自分たちがいかに生きてきたのか、ということを雄弁に、そう、自信を持って語ってくれました。
戦争を知らない世代として、心の奥でグッときたことを思い出しました。

というわけで、今後ともよろしくお願いします。
Commented by Rikkie at 2010-11-21 19:27 x
どもども、Letsgo殿。

土地にはそこで生活していた方々の思いというのは染み込み、後世にも伝わると思っています。鈍感な方は伝わらないでしょうけど、Letsgo殿のアンテナには感じることができたのでしょう。

以前、カナダに移民していたころに(911の後です)、クラスメイトにパレスチナ人がいたので「ユダヤ人てどう?」と無粋な質問をしたのですが、我々が思っているようではなく、現地では仲良くやっている安全だし遊びに来てくれと言われました。明るく答えていましたが、彼も外国へ移住しなければならない理由があったわけで、表面だけでは判断できませんね。
Commented by momili at 2010-11-22 02:47
重たいですね、街が美しいだけに余計に悲哀も深く感じます

私がウィーンに移ったのはちょうどコソボ問題直後でした
偶然乗り込んだタクシーには星条旗と日の丸が掲げられていました
単なる観光客へのサービスかと思いきや、ドライバーはアルバニア出身のコソボ人
アメリカと国連の明石さんに謝意と敬意を表してとのことでした

一方戦渦を避け、ベオグラードから逃げてきたという友人は
10年経った今でも花火の音を聞くと、爆撃のフラッシュバックに襲われ
パニックに陥るそうです

彼らの話を聞くにつれ、問題の根深さを思い知らされます
Commented by Letsgo_M at 2010-11-23 22:12
vest_hellさん、こんばんは
その辺のことは、全世界自分の都合の良いようになるみたいですが
こればっかりは仕方がないですかね・・・
Commented by Letsgo_M at 2010-11-23 22:19
WeekendOutdoorsさん、初めまして
コメントありがとうございました
そうですか、現地で説明されたのですね
そういえば、壁に弾痕と思われるような痕が残っていました
実際は何の痕か分かりませんけど

こちらこそ宜しくお願いしますm(__)m
Commented by Letsgo_M at 2010-11-23 22:23
Rikkieさん、自分は頭の隅に知識があっただけで
表面だけをサラッと撫でたようなものです
とても、感じとることはできなかったと思いますよ

それにしてもRikkieさんは、世界各国
実際に住んで素晴らしい体験を積まれているんですね
素晴らしいです
Commented by Letsgo_M at 2010-11-23 22:28
momiliさん、Viennaにお住まいだったんですね
多分そうかなと思っていました
海外定住生活されている方には敬服いたしますよ

バルカン半島はオーストリア帝国の領土だっただけに
今もいろいろあるのでしょうね
人種問題と、領土問題と、宗教問題
日本人には中々理解できない深い問題ですね
<< この壁だって 笑い者 >>