I Love Square 
by Letsgo_M
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
どもども、Letsgo殿..
by Rikkie at 05:48
akinorihiram..
by Letsgo_M at 12:35
呪いぢゃないってば…
by akinorihirama at 19:32
Rikkieさん、こんに..
by Letsgo_M at 15:19
どもども、Letsgo_..
by Rikkie at 08:37
川越さん、おはようござい..
by Letsgo_M at 08:01
最近あまり調子が良くない..
by 川越 at 06:28
n.mさん、寄ってくれた..
by Letsgo_M at 20:39
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今年はカメラを買わない宣言!
年明け早々、カメラ購入記録のメモ帳を眺めたところ驚きの事実が発覚した
なんと2010年から7年間休み無く1月早々にカメラを買っていたのだ

1月、2月は比較的暇なこともあり
ついついネットを徘徊してポチッてしまうという愚行にでていたようだ
当然、ポチッた際は最善の選択と思い込んでいるが
使い勝手や、色味なんかがしっくりこなくて一年持たずに目移りしちゃってたんだな

a0123596_08523081.jpg
2016年1月に仕事用に購入した LUMIX TZ-70
1/2.3のセンサーサイズのLEICA VARIO-ELMAR 付き小型軽量コンデジ 
24-720mm相当のレンズが仕事・記録用にはそこそこ重宝している


今年は、近年ポチッたけど放置しているデジカメを中心に
もう一度使ってみようかと思っている
で、表題のカメラを買わない宣言
頑張ります(笑)





[PR]
# by Letsgo_M | 2017-01-15 08:59 | 写真・カメラ機材四方山話 | Comments(6)
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます
旧年中は稚拙ブログにお付き合いいただきありがとうございました
本年もご指導、ご助言のほどよろしくお願いいたします

a0123596_06074855.jpg

[PR]
# by Letsgo_M | 2017-01-01 06:15 | フルサイズカメラ | Comments(4)
夢の中のコダクローム
写真を始めてから20年以上になるが、今一番の心残りがコダクロームを使ったことがないことだ

写真を始めて間もなくポジフィルムを使い出したのだが、当時は自由になるお金も限られていたから、コダクロームは現像代を考えると高くて使えなかった
そうこうしているうちに一度も使わないうちに無くなってしまったのだ(ノД`)

先日、写真集を何冊も発表している地元のアマチュア写真家とお会いする機会があった
その方の流氷写真集を穴があくほど眺めたこともあって、氏に質問してみた
「もしかして、流氷の写真集はコダクロームで撮影されたのでしょうか?」
「自分の求めていた色はコダクロームでしか出せなかったから、無くなって本当に残念だよ」
やっぱりそうだったのか!
独特の色とコクで表現されていた流氷は、どうしても自分には出せなかったのだ

今になって、無理してでもコダクロームを使ってみるべきだった、コダクロームの色を体験しておくべきだったと後悔している
それが、自分の表現に合うかどうかは別だが、知っているのと知らぬとは雲泥の差だ

今日もまた、夢の中に出てくるコダクロームの描写を求めて彷徨っている
a0123596_11372678.jpg
PENTAX K-3 DA18-135 オホーツク海・流氷(本文と関連性はありません)




[PR]
# by Letsgo_M | 2016-12-11 11:43 | デジタルカメラ | Comments(8)
真四角写真展、見に来てね〜
明日から始まる、秘密結社「新宿西口クラブ」主催の写真展
第5回西口写真展「スクエアの巻」に、1950年代初頭の無名に近い超マイナーな東独製二眼レフカメラで撮影した一枚をもって参加する
その名も、Welta Reflekta Ⅱ
カメラも珍しいが、展示する写真も珍しいと思う

10日土曜日は、だいたい開場時間から終日在廊する予定なので
是非、お立ち寄りください
お待ちしていますm(__)m

a0123596_20212625.jpg

a0123596_20212623.jpg



[PR]
# by Letsgo_M | 2016-12-05 20:31 | 写真集・写真展・イベントなど | Comments(0)
未だにエプソンR-D1sという選択
TwitterでR-D1xGの写真が投稿されていたので久しぶりに自分のR-D1sを引っ張り出してみた
JPEGの撮って出しの写真だけど、今では独特な感じの画が新鮮に映る
a0123596_19250412.jpg
EPSON R-D1s M-ROKKOR 28mmF2.8 濤沸湖 フィルム設定:風景
a0123596_19250494.jpg
EPSON R-D1s M-ROKKOR 28mmF2.8 濤沸湖 
フィルム設定:風景 カラー設定:モノクロ(イエローフィルター)


時々「撮って出しってコメントの入った画像のアップを見るけど、なにか特別なのかな?」などと、攻撃的とも否定的とも取れる投稿を目にすることがあるけど、一言いわせて頂きたい

「ただただJPEGで撮ったふつーの写真だよ」

作品としてプリントする際は、JPEGの濃度やシャープネス調整したり、RAWから現像してプリントしたりするけど
実は、RAW現像は不得手なので作品制作用のプリンターは持ってない
作品づくり(写真展等)の際はお店に依頼している
全くの憶測だが、RAW現像が苦手だったり、出来なかったりする人が、写真を撮る人の7〜8割はいるのではないかと思っている
もしかしたらもっといるかも知れない

そんな自分(人)にとって、JPEGで撮った写真がまずまず気に入ると
カメラに愛着がわいたり、とても良いカメラに思えてくるのはごく自然な事じゃないだろうか
なので、撮っただけで「こんなお気に入りの写真が撮れたよ」がJPEG撮って出しの意味じゃないかなと理解してる
撮った後に手をかけないで作品に出来るならそれに越したことはないしね
だから、手間暇掛けて自身で作品づくり出来る人を尊敬しちゃう


さて、本題のR-D1sに話を戻そう
本機は、発売から10年経つ600万画素機である
解像度や階調、高感度特性やその他、機能も含め現行機とは比べものにならない
大人と子供以上の差があるだろう


だけどね、なんていうかな
この独特の絵柄とでもいうか、撮って出しそのままなんだけど
ちょっと惹かれちゃうんだよね
解像度が低ければ、鑑賞に堪えうるプリントサイズまでで楽しめばいい(A3まで伸ばせれば文句なし)
高感度が駄目なら、無理して使わなきゃいい(フィルムの時はそうだったもの)
トリミングに適さなけりゃ、しなければいい
そうやって割り切って使うなら、まだまだ現役だ
だから、フルサイズの最新型機を手に入れた今でも時として持ち出したくなるんだな〜


<a href="http://kawauso.biz/" target="_blank"><span style="color:rgb(255,102,51);">フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら</span></a>



[PR]
# by Letsgo_M | 2016-11-27 19:44 | EPSON R-D1s | Comments(8)