I Love Square 
by Letsgo_M
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
どもども、Letsgo殿..
by Rikkie at 05:48
akinorihiram..
by Letsgo_M at 12:35
呪いぢゃないってば…
by akinorihirama at 19:32
Rikkieさん、こんに..
by Letsgo_M at 15:19
どもども、Letsgo_..
by Rikkie at 08:37
川越さん、おはようござい..
by Letsgo_M at 08:01
最近あまり調子が良くない..
by 川越 at 06:28
n.mさん、寄ってくれた..
by Letsgo_M at 20:39
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
初めての体験
今ごろ、イタリアで旨いワインでも飲んでいる予定だったんだが
出発前日の夜から高熱を発してしまいそのまま寝込んでしまった
人生初の敵前逃亡ならぬ、病欠での海外出張キャンセルだ

2年前の今日、同じくイタリアで親父の訃報を受けた
現地に到着した翌日のことだった
その日は一睡もせず、インターネットで一番早く帰宅出来る便を探しだし
朝の4時にホテルを出て帰国の途についたんだったな

昨年も、一周忌の法要を終えた翌日欧州に出て命日は海外だった
長男なんだから、海外出張もいい加減にして今年くらいは地元に居ろやってことだったんだろう
墓も仏壇もここにはないが、親父が好きだったとこだから
居るってだけでも意味があるんだろー

まー、いろいろ心配はあるだろうけどさ
あの世で好きなだけ車乗り回してくれよな
a0123596_19172897.jpg
iPhone6s



[PR]
# by Letsgo_M | 2016-11-13 19:23 | 携帯電話 | Comments(6)
リック型カメラバッグの条件
長年連れ添ってきた、リュック型のカメラバッグが相当傷んできている
ショルダーのところが左右ともほつれ、ある日突然「どさっ!」と落っこちる危険性がでてきた
ここ数年出張の際には必ず持ち出す定番バックなので手放すのも躊躇するところだが
事故る前に次世代バックを用意しないとまずいと思うようになってきた

a0123596_13072297.jpeg

自分なりにリュック型のカメラバッグの譲れないっていう条件がある

カッターで簡単には生地が切れないこと
ハードな使用にも耐えられるしっかりとした縫製
それでいて出来るだけ軽く
そして、ファスナーが開けにくいことだ

今のリュックと併用して、ショルダー型のお気に入りカメラバッグがあったのだが
イタリアで小物入れのファスナーを開けられスリにあったことがある
その失態から、ファスナーは片手で簡単に開けられるようでは駄目だとインプットされた
それまで、ファスナーが開けづらく厚手で、大きさの割りに重いこのリュックは自宅待機することが多かったのだが
以後、ず〜っと活躍している^_^;

上記四点は必須条件だが、やっぱり価格面や機能的で使いやすいことも重要だ
小型飛行機でも機内に持ち込める大きさであること
上下二室になっていること
ノートパソコン、A4ファイルが簡単に取り出せること
カメラ室は、一眼レフ一台とコンパクトカメラが余裕で入り、二眼レフも圧迫されない高さも欲しい
可能であれば、ペンタコンシックスなどの中判カメラも出し入れし易いとありがたい
三脚やペットボトル、折りたたみ傘が入り落ちにくいサイドポケットに
手帳や名刺入れなどの小物が入るポケットも必要だ(これも、ファスナーは開けにくいことね)

こうやって並べていくと、量販店のカメラバッグコーナーにもこれだ!っていうのが無いんだよな
だいたい、薄手の生地だったり、ファスナーが開けやすかったり、大きかったり、小さかったりとか・・・

さて、マジに探さないと〜!といいながら
国慶節開けの中国にもやっぱりこいつしかないな (^^ゞ





[PR]
# by Letsgo_M | 2016-10-06 19:56 | 写真・カメラ機材四方山話 | Comments(2)
JCII 暗室基礎講座発表会の在廊予定
8月に予告投稿していた、手焼きプリントの基礎講座発表会「JCII 黒白写真暗室基礎講座 2016 発表会」が、いよいよ週明けの4日(火)から始まります

未熟者の自分は、怖いもの知らずの35mm判で撮影した四つ切り4枚と、6×6判で撮影した半切6枚、合計10枚で参戦!

展示写真のテーマは
「消えゆく面影 〜中国 哈爾浜市(ハルビン市)・道外区〜」

1900年代初めの建築が所々に残る、主に中国人が生活した地域で
初めて訪れた時は、通訳氏も何となく怖くて来たことがなかったという場所
テレビも真っ青な、潜入撮影シリーズ初公開

自分は、連休中日の9日(日)開場頃から18時までいる予定なので
お時間がございましたら、是非お立ち寄りください
ご感想、厳しい後批評を頂けると幸いです

a0123596_10224149.jpg
a0123596_10230662.jpg




[PR]
# by Letsgo_M | 2016-10-01 10:23 | 写真集・写真展・イベントなど | Comments(0)
二眼レフがまたまた不調に
ミノルタオートコードのシャッターが粘ってしまった
つい一ヶ月ほど前には、元気に動いていたのに〜
ローライコードの巻き上げ不良が発覚したし
ベビーローライも低速が怪しい
そこそこ使っている二眼レフが次から次へと不調になるとは大誤算
汗かきな自分は、これからがウェストレベル系カメラのシーズンなんだけど〜

a0123596_22363744.jpg
Minolta Autocord Kodak Portra160





[PR]
# by Letsgo_M | 2016-09-24 22:42 | Minolta Autocord | Comments(4)
魅力がないのが魅力?FUJIFILM KLASSE S
デザインがいいとか、質感がいいとか、そんな所有欲をくすぐる魅力は全く感じないけど
ついつい持ち出すカメラが「KLASSE S」だ
仕事柄フィルムテストに使うのが多いのだけれど
携帯性と描写性能、露出補正のしやすさ、38mmという焦点距離
そして、ISO感度を手動設定できるのがいいからだ

コンパクト好きな管理人は、プラ製のゴミみたいなコンパクトから、高性能レンズに金属ボディの高級コンパクトまで持っているが
出張の際はどれにしようかといつも頭を悩ますのだが
最後の最後に、やっぱりクラッセでいくか〜となる

a0123596_20303992.jpg
KLASSE S Rollei Superpan 200 香港

この香港での一枚もそう
フィルムはシャープでコントラストの高い描写をするローライのSuperpan 200だが
自分好みの感じに仕上がった

欠点は、フード簡単に外れること、電池の持ちが良くないこと、愛おしく思えないとこかな
とはいっても、これからもお世話になるだろうから頑張ってね、クラッセちゃん


<a href="http://kawauso.biz/" target="_blank"><span style="color:rgb(255,102,51);">フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら</span></a>




[PR]
# by Letsgo_M | 2016-08-23 20:34 | FUJI KLASSE S | Comments(6)