人気ブログランキング |
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
後悔先に立たず
a0123596_731559.jpg
「北京の美」
Primo Jr Topcor6cmF2.8 F8 1/50 efkeR100 中国・北京

フィルムオンラインショップ かわうそ商店入り口はこちらです


昨日の朝は、今シーズン一番の冷え込みだった
最近では珍しく氷点下20℃越

何故か、いつもより早く目が覚めカーテンを開ける

「おおー、快晴じゃん」

一瞬で空気がしばれていることが分かった
風景写真を撮影するには絶好の条件である
以前なら、大急ぎで支度をして重いカメラバックを背負いながら飛び出していったところだが
最近は四方八方から囁きが聞こえてきて
昨日は、布団の中で丸くなっていたい自分が勝った
その時はそれで満足していたのだが・・・

そして今朝、
昨晩のうちに撮影の準備万端
気合いを入れて5時過ぎに目覚ましをかけ就寝

予定通り目を覚まし
ウキウキ気分でカーテンを開ける

「えっ、雪・・・」

ということで朝からパソコンの前にいるのだ

なんともったいないことをしたのだろうと
昨日の朝が残念に思えて仕方がない
まー、自分の人生こんなもんである
幾つになっても後悔先に立たずを実践している自分が可笑し


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by Letsgo_M | 2011-01-29 07:24 | PRIMO-JR | Comments(8)
Commented by ちょうみん at 2011-01-29 09:15 x
自分も同じ様な事をしてるよ!
そして後から後悔!(笑)

今の年齢なら疲れの溜まり具合や同じ被写体へのマンネリ気味な気持ちなどで余計にその様な事になるよ(^_^;)

もしも動いてても別の後悔ってあると思うよ

後悔のない人って本当にちゃんとしてるの?って思ってます。

後悔の感じ方が違うだけなんではって…
Commented by Rikkie at 2011-01-29 10:28 x
どもども、Letsgo殿。

三河は東京よりも暖かく、冬でもオートバイに乗れる幸せを感じているはずなのですが、やはり体も重く飛び立てないことしばしばです。
乗り出すとよい物なのですが。

前日の準備でうきうきするのはいいものですよね。
先のイベントで持っていくカメラをシミュレーションしてニヤニヤしてしまうのは、はた目から見ると病気に見えるでしょう。本当に病気かもしれませんが。

ブックスタンドは魅力的な被写体であっしもよく撮影します。
Commented by 川越 at 2011-01-30 17:25 x
わはは、ありがちですよねぇ〜。(^^)
ところでこの写真はパッと見ると中国じゃないような印象を受けますけど、自転車やポスターを細かく見ているとやっぱり中国なんですよね。
Commented by Letsgo_M at 2011-01-30 22:28
ちょうみんさん、実際誰でも後悔の連続だよね
でもね、撮影に行かないと後悔すると分かってて行かない自分にあきれちゃうんだよね
風景写真モードを復活させないとねー
このままだと、いつかは中央で写真展の目標達成できないしね
Commented by Letsgo_M at 2011-01-30 22:41
Rikkieさん、若いときは好きなことでやらないで後悔するようなこと少なかったです
でも、最近はしょっちゅうなのでいい加減
アホか!となるわけです(笑)

準備しているときの顔
特に旅する前の顔は人に見せられないですね
このあたりも皆さん同じなんですかね
Commented by Letsgo_M at 2011-01-30 22:43
川越さん、若いうちはやらないで後悔することって少なかったんですよ
最近は酷いものです
これからもっと酷くなるのかなぁ
Commented by binbiilu at 2011-01-31 17:04
え~、私のつたない経験からしますと、
これからもっと醜くなる、よりも
これからもっとあっさりあきらめられるように
なっていくようです。
以前おっしゃってました、立ち直りの早さも
手伝ってくれたりするようですよ。
Commented by Letsgo_M at 2011-01-31 21:28
binbiiluさん、あっさりですか、あっさり・・・
そうですね、立ち直りは早いので今はもう大丈夫ですよ
でも、本日の記事の通り
果敢にチャレンジしてみたら、新たなショックが・・・
<< 氷点下26℃ 流氷接岸 >>