I Love Square 
by Letsgo_M
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:コンパクトカメラ ( 153 ) タグの人気記事
ゼンマイカメラがやってきた
先日、友人より
「こんなカメラがあるんだけど、使ってくれない?」と声を掛けて頂いたので
是非送ってくださいとお願いしたところ
数日して、可愛らしいRICOH A-2というゼンマイカメラが届いた

a0123596_21234861.jpg

このカメラ、リコー最後のゼンマイ式自動巻き上げカメラで
ゾーンフォーカスと併せて速写性に優れているコンパクトフィルムカメラだ

ISO感度を手動で合わせられる35mm付近のレンズがついた
コンパクトカメラが欲しいと思っていたところだったので
まさに渡りに船!
早速使ってみることにした

a0123596_21214869.jpg
RICOH A-2 ILFORD XP2 SUPER 400 バンコク


ゾーンフォーカスと自動巻き上げによって撮影は軽快に行えるけど
巻き上げ音が大きくスナップでは目立っちゃいそう
詰め替えフィルムも多用するので、ISO感度を手動設定できるのはありがたい

露出計にボタン電池を使用しているが、接触が悪いのか時々露出計ランプが赤になってしまう
電池ケースを引き出し、電池を入れ直すと正常になるので問題ないが
使用の際は注意が必要かな

距離感が掴めず、今回はピンボケ写真が多かったけど
当たればキリッと締まった写真が撮れそう
でも、逆光には弱いかも

RICOH A-1
1980年3月発売
レンズ COLOR RIKENON 35mm F2.8 3群4枚構成
シャッター プログラムシャッター1/30 - 1/250
フィルム感度は、ISO25-ISO400まで、1/3段刻みで設定可能




[PR]
by Letsgo_M | 2018-09-09 21:38 | RICOH A-2 | Comments(0)
愛しきペンタックス エスピオミニ 〜 7
久々に可愛い、可愛い、エスピオミニのお話し

以前にも書いたことがあるけど
エスピオミニはDXコードが付いていないフィルムは自動的にISO25に設定される

全メーカー、全カメラを調べたわけじゃないが
DXコード無しのフィルムは、ISO100に設定されるのが主流派で
ISO25になるのは少数派のような気がするんだけどどうなんでしょ?

DXコードが提唱された際なぜコード無しの設定を統一しなかったのかとても不思議
ISO25を選んだ陣営の考え方にも理由はあるんだろうけど、ユーザーにしてみたら困ったものだ
ISO25のフィルムを使用するユーザーはとても少数派のはずだから
それに合わしちゃう仕様にするなんて、同じものづくりをしている人間からしたらなんだかなーと思う
ましてや、一般ユーザー向けに販売されたコンパクトカメラでやっちゃうんだから。。。

そんなこんなで、最近エスピオミニの出番が少ない
何故かって?
それはね、最近ISO100のDXコード無しフィルムの出番が多いから
これは愛しいカメラ故、由々しき問題なのだ

a0123596_21454212.jpg
PENTAX ESPIO MINI  CINESTILL 50D  名古屋




[PR]
by Letsgo_M | 2018-08-27 21:52 | PENTAX ESPIO MINI | Comments(2)
コダクロームへの思いが・・・かたちに(汗)
昨年末、コダクロームを使ったことがな事が心残りだと書いた
そしたらなんと今年秋頃エクタクロームを発売する予定だと発表があり
続けて、コダックのCEOがコダクローム復活に際し何が必要か検討中であるとコメントを出したそうな
復活への道のりはかなり厳しいだろうが、夢を見させてもらおうではないか

さて、そんなこんなで年末にコダクロームを使わなかったことがほんと残念だったと思いながら
ネットを徘徊していたら、こんな記事を見つけてしまったのだ
なになに、コダクローム調のフィルム効果モードがあるコンデジがあったというではないか
これは手に入れるしかないだろうと、ヤフオク、e-bayで検索するとe-bayでひっかかり
あっさりと、ポチってしまった(汗)
a0123596_14315918.jpg
KODAK easyshare M532

今年はカメラを買わないと宣言したばかりなのに
舌の根も乾かぬうちにポチリやがってと指を指して笑った紳士淑女へ
これは昨年のクリスマス前後の話、今年になってポチッたのではないと改めて念を押しておく(笑)

使用した感想は、気が向いたら報告したいと思う ^_^;


<a href="http://kawauso.biz/" target="_blank"><span style="color:rgb(255,102,51);">フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら</span></a>


[PR]
by Letsgo_M | 2017-01-22 14:39 | 写真・カメラ機材四方山話 | Comments(0)
魅力がないのが魅力?FUJIFILM KLASSE S
デザインがいいとか、質感がいいとか、そんな所有欲をくすぐる魅力は全く感じないけど
ついつい持ち出すカメラが「KLASSE S」だ
仕事柄フィルムテストに使うのが多いのだけれど
携帯性と描写性能、露出補正のしやすさ、38mmという焦点距離
そして、ISO感度を手動設定できるのがいいからだ

コンパクト好きな管理人は、プラ製のゴミみたいなコンパクトから、高性能レンズに金属ボディの高級コンパクトまで持っているが
出張の際はどれにしようかといつも頭を悩ますのだが
最後の最後に、やっぱりクラッセでいくか〜となる

a0123596_20303992.jpg
KLASSE S Rollei Superpan 200 香港

この香港での一枚もそう
フィルムはシャープでコントラストの高い描写をするローライのSuperpan 200だが
自分好みの感じに仕上がった

欠点は、フード簡単に外れること、電池の持ちが良くないこと、愛おしく思えないとこかな
とはいっても、これからもお世話になるだろうから頑張ってね、クラッセちゃん


<a href="http://kawauso.biz/" target="_blank"><span style="color:rgb(255,102,51);">フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら</span></a>




[PR]
by Letsgo_M | 2016-08-23 20:34 | FUJI KLASSE S | Comments(6)
JCII 暗室基礎講座 発表会に参加するぜ〜
今年の1月から、JCIIフォトサロンで開催されている池本さやか先生の暗室基礎講座に密かに通っていた
月二回開かれている講座だけど一回行くのがやっとで、7月までに6回参加
8月以降は、仕事や所用が目白押しで行けそうもない
最後の最後に、やっと感覚的に分かってきただけにちょっと残念なのだが
それでも、行ける日だけ参加OKなのでありがたかった

この暗室基礎講座、10月に発表会があるらしく
参加のお誘いを受け、思わず申し込んでしまった (^^ゞ
先生の厳しいご指導で、展示可能ラインギリギリの作品が用意できホッとしていたら
プリントの出来は置いといて、写真のテーマが揃ってるので何とかなると思うよ
だって(__;)

そうこうしてたら昨日、展示作品を選んだと連絡有り
6×6が六点、35mmが四点の合計十点の展示になるらしい
ほんとに何とかなるのかなぁ(;´Д`)
尚、作品のテーマは「哈爾浜道外区」
国内では、なかなかみることが出来ない都市のごくごく狭い地域のいわゆる「狡いテーマ」である(笑)

a0123596_21412538.jpg
OLYMPUS μ KENTMERE400 中国・哈爾浜


JCII 暗室基礎講座 発表会
10月4日(火)〜10日(月) 10:00〜17:00
東京都千代田区一番町25番地 JCIIビルB1 クラブ25
半蔵門線4番出口のファミリーマート右折直ぐ





[PR]
by Letsgo_M | 2016-08-18 21:46 | 写真集・写真展・イベントなど | Comments(0)
ミノルタハイマチックE
一見、汚く不動そうなジャンクカメラを手に入れた
レンズを改造して使おうかなどと妄想しながら我が家持ち帰った。
改めてじっくり眺めると、綺麗だと思ったレンズに小さなシミやらカビらしきものまであるではないか
ぼーぜんとしたものの、これも何かの縁だと諦め
一応電池入れてみるかーと、新しい電池を入れてみた
なんとまー、外観から想像できなかったのだが、シャッター切れちゃったよ
あっちこっちに向けてシャッターを切ってみたら、絞りもちゃんと光りの強さに応じて変化する
もしかしたら完動品?
取り敢えずレンズの表面だけ清掃して、テスト用のフィルム詰めて撮影してみた

上がりを見てのけ反っちゃったよ
噂には聞いていたけど、こりゃすごいね

a0123596_218318.jpg
MINOLTA Hi-MATIC E
ILFORD XP2 SUPER 400

写りの良い完動品とありゃ、綺麗に磨いてモルト交換して使ってあげないと可哀想じゃないかー!と思い
先日より、レンズを取り外して清掃を始めた
バッチリ綺麗になったら、ストラップも付けてどこかの国に連れてってやるかぁ
レンズ固定式なくせに、大きめでズッシリ来るのが難点だけどね〜


フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら
[PR]
by Letsgo_M | 2016-07-04 21:11 | フルサイズカメラ | Comments(8)
iMacが起動しなくなった
自宅で使っていたiMacが壊れて起動しなくなった
ネットを調べると、症状によって起動させるためのいろんな方法が載っていたので
取り急ぎ全て試してみたが、全部駄目
一介のHDとして認識させる方法でも、より古いiMacでは認識せず
より新しいiMacではケーブルが合わずに試せないという始末
数千円掛けてケーブルを購入しても繋がるかどうか分からないし
一回繋げたらケーブルも不要になるし
大して重要なファイルもないのでこのまま捨てちゃおうかなとも思っている
しいて言えば、今まで撮り貯めたフィルム写真が整理されていたので
写真を探す手間と再スキャンの手間が膨大で痛いってことくらい
だからといって生活が困るわけじゃないしね

ということで、このパソコンに保存していた写真が少ないので
アップする写真も残り僅かなので
以前公開した写真と重複していたらお許しください

a0123596_1113257.jpg
KLASSE S
FOMAPAN100
ここ最近は、KLASSE Sが活躍中


フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら
[PR]
by Letsgo_M | 2016-06-26 11:17 | FUJI KLASSE S | Comments(6)
悩み、悩み抜いて
明日から、メキシコへ行ってくる
なにぶん初めての所なので、毎夜機材とにらめっこしながら
カバンに詰めては、取り出し
取りだしては、詰めてみるを繰り返している

世間一般的には、購入したばかりのPENTAX K-1にそれ相応のレンズを付けて決まりなのだろうが
大きく目立ちがちな一眼レフは、置き引きやスリが怖くて踏ん切りが付かない
また、バッグのスペースを大きく取ってしまうのと、仕事最中の記録には不適当
フィルムカメラのスペースも無くなるし。。。

そこで、コンデジだけにしようかと思ったのだが
初めて行くところだし、コンデジだけじゃなんだかな〜と、悩む、悩む

で、悩んだ末に鞄に詰めたのがこれ

a0123596_22501455.jpg


結局、なんだかなぁ〜って機材になった(笑)
現地は毎日雨の予報なので、防塵防滴構造のボディとレンズが活躍してくれるかもしれない
では、お仕事頑張ってきます^_^;


フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら
[PR]
by Letsgo_M | 2016-06-11 22:56 | 写真・カメラ機材四方山話 | Comments(2)
来場ありがとうございました
かわうそと愉快な仲間たち展が日曜日に閉幕して早くも一週間が経とうとしている
ホッとして力が抜けて地元に戻ったら、7日間留守にしていたツケが山のように待っていた
そこへもってきて、出張があったり、高体連の撮影依頼があったりとてんやわんやの大騒ぎ
いの一番でお礼をしなければならないのに、サボってしまいましたm(__)m

ご来場戴いた皆さま、ありがとうございました
心よりお礼申し上げます

a0123596_22193753.jpg
出展写真
「水鏡」オホーツク海・流氷

なんとか、雑用をこなし終え、ホッとしたのかしないのか
心に余裕が芽生えることなく、これから羽田発のバンコク行きJAL便でタイに向かうところ
気温は連日30℃超、そこへもってきて毎日傘マークが並んでいる
日本の梅雨以上に不快な日々が待っていそう
カメラとフィルムは持ってきたけど、傘持ってくるの忘れた
飛行機も揺れるんだろうな(;´Д`)

では、行ってきます


フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら
[PR]
by Letsgo_M | 2016-05-28 22:21 | 写真集・写真展・イベントなど | Comments(0)
光と影
前回ニューヨークを訪れたのは昨年だったかと調べてみたらまもなく2年になるらしい
時が経つのは本当に早いものだ
その際帯同した機材がライカのX2
今回2度目のニューヨークにもX2を持ち出した
出発直前に機材を入れ替え、X2に切り替えたのもこの時の記憶が蘇ったからといっても過言ではない

さて、前回は体調が今ひとつだったせいもあり
日中だけのお散歩撮影になってしまったので
今回は夜のニューヨークを外せないと意気込んでいた(お散歩撮影の話)
その割りにはあっさりと終えてしまったのだが
其れにはこんな理由もあった

a0123596_9333660.jpg
Leica X2 ニューヨーク

タイムススクウェア周辺で撮影した写真
何の変哲もない写真だが、その圧倒的な華やかさに言葉を失った
日本の繁華街の華やかさとも違う
なんというか、洗練された華やかさというか
自信に満ちあふれた力強さというか
言葉にならない威圧感を感じたのだ

現代世界史に於いて、アメリカは世界中の富を圧倒的な政治力、経済力、情報力、軍事力等を駆使して富を集めているが、その多くには途上国から搾取した富もあると思っている
この力強い華やかさの光りの裏には影があると感じた瞬間に、撮影意欲が徐々に減退してきたのだ

日本も少なからずそのおこぼれを授かってきたと思うので、特段非難するつもりはないが
搾取されていると感じた当事国の国民感情は如何なものだろう
既存の政治家目線や、役人目線だけでは問題を複雑化するだけだと
いち早く気づき変革する事が大切ではないかと思う


フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら
[PR]
by Letsgo_M | 2016-04-02 10:29 | Comments(4)